FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:ウィーンのランチはお気に入りのカフェで・・・そして、フォルクスオーパーで素晴らしい《こうもり》

2013年4月18日木曜日@ウィーン/4回目

ミヒャエル広場Michaelerplatzから、ランチを食べるためにケルントナー通りKärntner Straßeの方に向かいます。ライトシュール小路Reitschulgasseを進み、アウグスティナー通りAugustinerstraßeに入るところで左に折れて、裏通りを歩きましょう。ミヒャエル教会Katholische Kirche St. Michaelの裏に回り込む感じで歩きますが、建物越しにミヒャエル教会の大屋根が見えています。


oA7Ip1jbRUc68c.jpg



ここがちょうどミヒャエル教会の裏側です。ここからは教会の塔は見えませんね。


sHVrvWYxF57880.jpg



裏通りを抜けて、ノイアー・マルクト広場Neuer Marktに出ます。広場の中央のドンナーの泉Donnerbrunnenのまわりで、明るい日差しを浴びながら休憩している人達がいます。泉の先には、左にホテル・オイローパAustria Trend Hotel Europa Wien、右にアンバサダーホテルAmbassador Hotelが見えます。


MvMocMTHFD1b28.jpg



このノイアー・マルクトの広場に面したテラス席が賑わっています。


CPNqVZlf9I26ce.jpg



それもその筈、ケーキが美味しいことで有名なカフェ・オーバーラーOberlaa Konditoreiです。ここのランチも美味しいですが、今日の目的のカフェはここではありません。


tiFmO33SQ21aad.jpg



広場の北端からの道を抜けてケルントナー通りに出ると、目の前にカフェ・ゲルストナーCafé Gerstner。これも有名カフェですが、ここも素通り。


NY04_mlkNe91ff.jpg



そして、お目当てのカフェ・ハイナーCafé-Konditorei L. Heinerに到着。カフェ・ハイナーはsaraiの一番お気に入りのカフェです。ここで今日のランチをいただきましょう。今日は長旅の疲れを癒す休養の日ですから、ブラブラ散歩もこれで切り上げです。


YolitOv1W_ca40.jpg



散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2013121001.jpg



カフェ・ハイナーの2階に上がります。幸い、満席ではありません。空いたテーブルを確保。上品そうなシニアのご婦人たちがお茶しています。


3fYsRrzbSzb596.jpg



こちらもシニアのご婦人、男性です。平日の昼下がりですから、お歳を召した方たちが目立ちます。


AJWZDtZVKj4ba5.jpg



窓際の明るい席には、もう少し年齢層の若い人たち(決して若くはありませんが・・・)が談笑中です。


B0fFHeYKxv0755.jpg



今日のランチはこれ。ソーセージといんげん豆とポテト。定番と言えば、定番ですが、これが美味しいんです。


o0t9Jc5OLu9f8d.jpg



もちろん、飲み物もいただきます。今日はコーヒーではなくて、紅茶。お馴染みの陶器(ジョンソン・ブラザース)のセットです。


VTJg1leAgFb999.jpg



食後のデザートはショーケースから選んだケーキ、チョコレートトルテです。


d0pc2fSYvO5bc2.jpg



お気に入りのカフェ・ハイナーでランチとケーキをいただき、ご機嫌のsaraiです。帰りに気付いたのですが、ケーキなどの並ぶガラスケースの端にランチメニューの見本も並んでいます。これからは、これを確認して入店しましょう。


IlahF6_XaPb0d5.jpg



また、地下鉄でホテルに戻ります。ホテルで仮眠して、意気揚々とフォルクスオーパーVolksoperに出かけます。地下鉄を乗り継いでフォルクスオーパーに到着。今夜は、オペレッタ《こうもり》を聴きます。チケットは発売日にネットで購入。


N6j9gFpWPK9dc5.jpg



今日の席はロジェバルコンと言って、オーケストラ横のボックス席です。オーケストラとステージを横から見下ろします。


Ax0joOAAwG27cf.jpg



今日のオペレッタの出来は最高でした。素晴らしいオペレッタ《こうもり》を聴いて、ますますご機嫌です。配偶者もロジェバルコンで寛いでいました。この席からの鑑賞はお気に召した様子。《こうもり》の公演内容の詳細はここです。

幕間には微発泡性の白ワインで乾杯! それほど、今日は素晴らしい1日。

公演が終わり、ホテルには地下鉄を3つ乗り継いで夜11時過ぎに帰着。お昼に調達した鶏のてりやき弁当を夜食にします。


dQSgp_69ud462d.jpg



パルマ産の生ハムを食べながら、ブログの記事書きに精を出します。


SMLELcTo2yebc4.jpg



夜も更けて、オヤスミナサイ。
明日も余裕の1日。夜はまたフォルクスオーパーですが、今度はオペレッタではなく、バレエを見ます。


次回を読む:16日目:ウィーンで音楽三昧、3日目 (4)

前回を読む:14日目:バーゼル~チューリッヒ~ウィーン (3)



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



この記事へのコメント

1, さとちゃんさん 2013/12/11 11:12
いつも楽しみに拝見しています。
ちょうど私達夫婦も年末からウィーンに行く予定で、4泊だけホテルを予約し、楽友協会でのニューイヤーイヴコンサート(ジルベスター)とオペラ座で「こうもり」とバレエ「くるみ割り人形」を鑑賞予定です。イヴコンサートは去年も行きましたが、元旦と全く同じ内容で、チケットもニューイヤーよりは安価で取得しやすく最高の思い出になりました。
まだ主人は現役で日程も短いのですが、saraiさんのブログのお店やカフェ情報などメモして参考にさせていただいてます。
これからもご夫婦でお元気に旅を続けてアップしてくださいますよう願っています。

2, saraiさん 2013/12/12 01:41
さとちゃんさん、こんばんは。saraiです。

年末年始のウィーンですか・・・いいですね。予算不足で行けません!
バレエ「くるみ割り人形」はなかなかいいようですね。是非、見たいものです。

当ブログがお役に立てれば、何よりです。今年中にウィーンの4月の記事は終わるでしょうから、何かお役に立てればと思います。昨年のカフェでの朝食記事も参考になれればと思います。

励ましのお言葉、嬉しいです。ブログを書くのは楽しくもあり、苦しくもありますからね。また、コメントお寄せください。
関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR