FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:ウィンドボナの濠の東、ルーゲック広場界隈を散策

2013年4月20日土曜日@ウィーン/2回目

マリア・アム・ゲシュターデ教会を出て、ファサード左側の道を教会の側面に沿って歩いていきます。来るときは教会の反対側の側面の道を歩いてきたので、別の道を歩くことにしたんです。


sqLHKs2q5hedc3.jpg



ところが残念ながら、この道は行き止まり。すごすごと戻りましょう。


w7XSherVFM842b.jpg



また教会の正面に戻ってきました。正面からティーファー・グラーベン通りTiefer Grabenへ下る石段のところに来ましたが、これを下りると遠回りになるので、それはやめます。


DFYF_ADhmK91db.jpg



これがマリア・アム・ゲシュターデ教会のファサードです。入り口には、聖ヨハネの見事なレリーフが見えています。


VLmm75AsV71481.jpg



来た時と同じ右側面に沿った道を歩きます。


hsn2VubtEb6e9e.jpg



しばらく歩くと、シャッターを下ろした画廊がありました。隙間から除くと、何とシーレの作品が並んでいます。本物でしょうか。本物なら、値打ちものでしょうね。


GrrvZx6nF836d8.jpg



ホーアーマルクト広場Hoher Marktに戻ってきました。結婚の泉Vermählungsbrunnenです。


8aUgZpoYrv1a57.jpg



ホーアーマルクト広場から、ローテントゥルム大通りRotenturmstraßeの向こうにルーゲック広場Lugeckが見えています。そちらに向かいます。


2aN7TCUG5h4694.jpg



このルーゲック広場は、ローマ人が築いた軍営地ウィンドボナの濠の外側で、市場などで賑わった場所です。今日の散策はこのルーゲック広場を出発点にして、聖シュテファン大聖堂の北の界隈を散策します


3rADPWnAHd61ab.jpg



ルーゲック広場の奥にはグーテンベルクの記念像があります。今回の旅では、マインツ、ストラスブールに続き、またまたウィーンでもグーテンベルク。彼は謎の人物です。印刷技術を秘密にしていたため、彼の業績の詳しいことは分からないようです。何故ここにも銅像が立っているのか、一説によると、この辺りに印刷職人が集まっていたからのようです。


MbMMxy9Evb4505.jpg



このルーゲック広場の5番地にはヴォルツァイレ通りWollzeileに続くドゥルヒガング(通り抜け)の入り口のアーチがあり、派手な装飾が目立っています。巨大なウィーナー・シュニッツェルで有名なレストラン・フィグルミュラーFiglmüllerの看板です。このドゥルヒガングの中ほどにフィグルミュラーは店を構えています。今日も店の入り口は観光客で人だかりになっているようです。


2f8Wv2uv0D2238.jpg



かって、saraiがフィグルミュラーを訪れた際もレストランは満席で、ベッカー通りBäckerstraßeの支店に行くように言われました。そのときはその支店でテーブルを確保できましたが、今日はそのベッカー通りの支店も人だかりがしていて混み合っているようです。食事をするのも大変です。


ZeruL5UNbOc109.jpg



今日の散策はグーテンベルク記念像から分かれて続く2本の通り、ベッカー通りBäckerstraßeとゾンネンフェルス通りSonnenfelsgasseを歩きます。
まず、ベッカー通りを歩きます。フィグルミュラーのベッカー通り店の隣の8番地には、バロック様式のザイテルン宮殿があります。外観はそれほどバロック風の華麗な装飾は施されていなくて、上品な雰囲気です。現在はギャラリー・アリアドネという画廊になっています。


Dhpp4_wzd29664.jpg



隣の10番地のピンク色の建物は華麗なバロック様式の建物です。このようにベッカー通りはバロックの館が続きます。


FhW34wSYvU23ad.jpg



7番地はルネサンスの庭を持つ建物です。入り口のアーチがオープンになっているので、中庭を見学しましょう。


7d9rxvYpSk26c7.jpg



自由に入って鑑賞できます。イタリア風のルネサンスの中庭があり、絵を描いている人がいます。彼の邪魔にならないようにそっと歩きます。静かな中庭です。


j8MFPEktYd06f7.jpg



中庭を囲む建物は4階建ての美しい造りになっています。


kKSzYrSLHE3913.jpg



南側はかなり改修されているようで、美しいデザインになっています。


WiZteCMuxo90f4.jpg



建物の下側には古い壁面がそのまま残っています。


ezwYUcCZG92769.jpg



こちらの壁面はモザイク模様のようなものが見えます。


vrrWgauCko88c8.jpg



このルネサンスの庭を持つ建物を出たところで、平行しているヴァルツァイレ通りWollzeileのカフェがエシクガッセEssiggasseの向こうに見えます。カフェ・ディグラスCafé Diglasです。散策の途中ですが、もう昼時ですからランチにしましょう。

散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2013121801.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR