fc2ブログ
 
  

ザルツカンマーグートへ小旅行:今日のハルシュタットの朝は曇り空

2013年4月22日月曜日@ハルシュタット~バート・イシュル/1回目

旅の19日目です。

今日はハルシュタットHallstattを発って、すぐ近くにある、トラウン川Traunとイシュル川Ischlに囲まれた保養の街バート・イシュルBad Ischlに向かいます。

朝起きると、外は雨です。昨日はあんなに天気がよかったんですけどね。でも、昨日が雨でなくて、ハルシュタットの美しい景観が見られて、本当によかった。今日は山の上のほうは雲がかかって、雪山はまったく見えません。景観を楽しむには、天候は大きな要素であることを痛感させられます。


oVCUGltGvB3f58.jpg



ホテルの朝食を食べてゆっくり出発です。レストランルームに行くと、清潔な部屋はがらんとしています。朝も遅い時間ですから、当然かもしれません。


diDYSuobZ49455.jpg



生野菜が豊富で、いかにもザルツカンマーグートらしい朝食です。


jjxZhxTTadeb2e.jpg



朝食を終えて、ホテルのロビーらしきところをウロウロ。階段のあたりがちょっとしたスペースになっています。


vSHs1AbPtY05e8.jpg



PCが置いてあったので、ちょっと触ってみようとしましたが、ドイツ語のWindowsはどうにも勝手がよくありません。すぐに放棄。


LP1yrpnOXe7629.jpg



PCの横の壁は情報ボードのようになっています。これはハルシュタット駅とハルシュタットの街を結ぶ連絡フェリーの時刻表。駅を発車する電車に合わせた時刻が設定されています。ハルシュタット湖を周遊するフェリーもあるようです。


VWaVYl0bz4651f.jpg



こちらはバスの時刻表。ハルシュタットとバート・イシュルの間を結んでいます。電車のチケットを購入済なので、バスには乗りません。それに、また湖を渡るフェリーに乗りたいですからね。


HVITdf16HAb69f.jpg



チェックアウトのとき、オーナーからは車で船着き場まで送ろうかという申し出をいただきましたが、曇り空ではあるものの朝方の雨は止み、フェリーの出発時間にはたっぷり余裕があるのでご遠慮しました。オーナーの優しい気持ちには感謝です。


eXIYSPNLdq023b.jpg



ホテルを出ました。パステルカラーの明るい雰囲気の外装です。


k4w6MiphLO819b.jpg



ホテルの前に自転車が置いてあります。レンタルできるようです。自転車で湖岸を巡るのも気持ちがいいでしょうね。ここでもうちょっとゆっくりしていこうかという気持ちにもなりますが、また、バート・イシュルでも面白い体験ができるでしょう。


FRgKvYLY5682bf.jpg



どんよりとした天気で、まわりの風景も冴えません。


0NspLmWzcze498.jpg



雲が低く垂れこめて、山を覆いそうになっています。この山は昨日、ケーブルカーで上って、塩抗ツアーした山です。


8y3YS92OdO0922.jpg



スーツケースをがらがらと引きながらハルシュタット湖岸の1本道を歩きます。街はずれにあるフェリー乗り場の前に来ました。ハルシュタット・ラーンHallstatt Lahnというフェリー乗り場Schiffstationで、湖を周遊するフェリーが発着します。ここから鉄道駅へのフェリーは発着しません。停泊しているフェリーもまだまだ出発しそうにありません。


rwUdap_uAK093b.jpg



街の中に入る関所(ハルシュタットの街を通行できる車をチェックするところ)にやってきました。ここからがハルシュタットの街になります。


oIkCeulVqO58dd.jpg



関所を通過し、湖岸沿いのゼー通りSeestraßeを進みます。もう、このあたりは勝手知ったるところです。


gOatLa6Kip6963.jpg



湖岸に出ました。ハルシュタット湖Hallstattseeは昨日と打って変わって、幽玄な佇まいです。


xCXAR3MRQBac2c.jpg



対岸の鉄道駅のあたりも雲か霧で霞んでいます。


DvoU3sWCxvfaa8.jpg



近くに寄ってきた白鳥も寂しげです。


_PIDJJKmHvb3d1.jpg



ここから街はずれのほうを見ると、ハルシュタット・ラーンには先ほどのフェリーがまだ停泊しているのが見えます。


z339ZJycUk13e6.jpg



やがて、街の中心、マルクト広場Marktplatzに建つ教会の塔が見えてきました。フェリーの発着場はもうすぐそこです。


3Y6NJuhk0s86db.jpg



まだ、フェリーの出発には時間があるので、もう少し、うろうろしましょう。

ここまで歩いてきたルートを地図で確認しておきましょう。


2014012301.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR