FC2ブログ
 
  

ザルツカンマーグートへ小旅行:グムンデン駅で途中下車し、レトロなトラムに乗車

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/2回目

バート・イシュル駅Bad Ischlを出発し、アットナンク・プフハイム駅Attnang-Puchheim経由でアッター湖畔のカンマー・シェルフリンク駅Kammer-Schörflingに向かうという事前の予定を変更して、グムンデンGmundenで途中下車することにしました。トラウン湖Traunseeの湖上に建つオルト城Schloss Ortを訪れるためです。グムンデンのローカル電車(トラム)に乗るのも楽しみの一つです。今回のザルツカンマーグートSalzkammergutの小旅行では、ローカル線を巡る予定にしています。今乗っている電車はシュタイナッハ・イルドニング駅Stainach-Irdningとアットナンク・プフハイム駅Attnang-Puchheimを結ぶローカル線を走っています。このローカル線を、一昨日はシュタイナッハ・イルドニング駅からハルシュタット駅Hallstattまで乗り、昨日はハルシュタット駅からバート・イシュル駅まで乗り、今日はバート・イシュル駅からアットナンク・プフハイム駅まで乗り、3日間かけて全線を乗り尽します。

この鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2014020101.jpg



バート・イシュル駅を出て25分程で、Ebensee Landungsplatz駅に到着。トラウン湖Traunseeの南端のエーベン湖Ebenseeの畔です。


xOmhTa9Wk2db55.jpg



トラウン湖の北端にある街がグムンデンGmundenですから、トラウン湖の端から端まで走るとグムンデンに到着です。もうすぐですね。
Ebensee Landungsplatz駅を出ると、エーベン湖すなわち、トラウン湖の南端辺りが見えてきました。


IcmtrLNu1A3b60.jpg



ザルツカンマーグートの湖は美しいです。エーベン湖の湖面が鏡のように輝いています。


G7KgtAMt_4720b.jpg



エーベン湖を過ぎてトラウン湖にさしかかります。と言ってもエーベン湖はトラウン湖の南端部の名称に過ぎませんから、どこかに境界があるわけではありません。


ccSqH7yJrwf6f0.jpg



鉄道はトラウン湖を望む高台を走ります。木々の間からトラウン湖が見えます。湖畔の教会も見えています。


SvQi2G17uG0d6c.jpg



トラウンキルヒェ・オルト駅Traunkirche Ortに到着。何もないところです。


OMjt52OFox5410.jpg



高台からの眺めのよいところを電車が走ります。


wvz1Y5of6o2b3e.jpg



やがて、トラウンキルヒェン駅Traunkirchenに到着。これでトラウン湖も中程まで来たことになります。


sVIRAREV5V0d99.jpg



駅を出て、さらに眺めのよいところを走ります。


2JFx3Sk8ju36c7.jpg



アルトミュンスター・アム・トラウンゼー駅Altmünster am Traunseeです。グムンデンはもうすぐでしょう。


WaIrAhCgEX4099.jpg



ここから電車は湖を離れていきます。


Goezttee1Ke335.jpg



ようやくグムンデン駅Gmundenに到着。ここで途中下車。


_mbmTCcXYne83f.jpg



グムンデン駅から、古風なトラムに乗ってグムンデンの街に行きます。鉄道駅とグムンデンの街は離れているので、その間をトラムが結んでいるんです。荷物は邪魔になるので駅に置いていきたいものです。乗り換え時間7分の間に小さな駅の中を必死で探し回りますが、コインロッカーはありません。仕方なく荷物を持って、トラムに乗ることにします。1両のみのレトロな電車です。


OcLPDdTNEf0313.jpg



このトラムの雰囲気はたまりませんね。ゆっくり観察した後、乗り込みます。


rywCl07gFh32c0.jpg



1人の運転手さんが、鉄道駅と街の間を往復しているようです。ファミリー用のお得な1日チケットを3.9ユーロで購入。


Y8qnxEq4vJ27dc.jpg



貴重な時刻表も入手。


FFoq8tqHP_8e31.jpg



さて、トラムはグムンデン駅を出発進行。一路、グムンデンの街の中心地フランツ・ヨーゼフ・プラッツFranz-Josef-Platzに向かいます。10分程の短い旅です。


d9DajqC2mEd549.jpg



いよいよグムンデンの街が間近に迫ってきました。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR