FC2ブログ
 
  

ザルツカンマーグートへ小旅行:グムンデンの街に到着・・・オルト城に向かって出発

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/3回目

バート・イシュルBad Ischlからアッター湖Atterseeに向かう途中、グムンデン駅Gmundenで途中下車し、レトロなトラムに乗ってグムンデンの街を目指します。このローカル電車はとても乗客が少なく、たった1両の車内はガラガラです。


SMM9XSBayr1f92.jpg



微笑ましいのは、このトラムの車内に掃除用の箒が積み込まれていることです。それもドアの脇に堂々と立て掛けられています。モップもありますね。


PJfCpkjTpLb9ca.jpg



緑の木々の向こうに家並みが見えてきました。木々は春の芽吹きです。


5aJ_hDPiJ2df28.jpg



白壁の美しい家々です。


5C00NOamlb43e1.jpg



1分おきの短い間隔で次々と停留所を通り過ぎていきます。4番目の停留所の名前を見て、びっくり! 何とテニス広場Tennisplatz。もちろん、テニスコートがあるんでしょうね。


1cs65Q6O1vb707.jpg



停留所はこんな感じ。バス停よりは立派ですね。しかし、電車の駅というレベルではありません。


bDelrByVHbc5f3.jpg



トラムは道沿いに建っている家の軒をかすめるように細い道を走り、やがて坂道を下り終えるとトラウン湖Traunseeにぶつかります。ここで左に折れて、トラウン湖沿いに走ります。美しい並木道が湖畔に続いています。


cLi97Jgoy61860.jpg



終点のフランツ・ヨーゼフ・プラッツFranz-Josef-Platzに到着。目の前は湖畔の公園になっています。


yDYbPqAc30d1ab.jpg



グムンデンの鉄道駅Gmunden Bahnhof (ÖBB)からフランツ・ヨーゼフ・プラッツまでのトラムの経路を地図で確認しておきましょう。


2014020301.jpg



トラムを降りて、まずはツーリストインフォメーションに行ってみましょう。運転手さんや通りかかった男性に教えてもらいながら、探します。トラムの走っていたハウプト通りHauptstraßeを進み、アム・グラーベン通りAm Grabenとの交差点に出ます。


gGdf8CXwT4d10c.jpg



ここで道が分からなくなります。うろうろと迷った挙句、まっすぐにテアターガッセTheatergasseを進んでラートハウスプラッツRathausplatzに出ました。この湖畔の広場は市場になっていて、大きな花屋さんがあります。


0XLBh776OQ28f5.jpg



花屋さん以外にも果物屋さんとか多くの店があり、人混みになっています。


vMP9qS8PScaaa4.jpg



市場も気になりますが、ようやく見つけた市庁舎の横のツーリストインフォメーションに行きます。


OAq5k5ca6F6dad.jpg



ツーリストインフォメーションのお姉さんに荷物預かり所を聞きますが、残念ながらないとのこと。もちろん、ツーリストインフォメーションでは預かれないとキッパリ。街の地図だけもらって、オルト城Schloss Ortへの道を教えてもらいます。湖畔沿いにまっすぐ歩けばいいそうです。


lSKfmeNCwwbb9f.jpg



荷物をガラガラ引っ張りながらトラウン湖Traunseeの湖上に建つオルト城に向かうことにします。まあ仕方ありませんね。市庁舎前の広場ラートハウスプラッツRathausplatzには市がたち賑わっていますが、その市場を抜けて湖畔に出ます。すると、湖面の向こう遠くにオルト城が見えています。頑張って歩いていきましょう。


9o_iGznaS76129.jpg



ここは、船着き場グムンデン・ラートハウスプラッツ・シフスタツィオンGmunden Rathausplatz Schiffstationです。ここから船でオルト城に行けるといいのですが、残念ながらそういう航路はなさそうです。


lHOYxFdSA3f4fa.jpg



遥かかなたのオルト城をズームアップして眺めます。美しい姿です。元気を出して行きましょう。


KivOOWEN4Ne978.jpg



湖畔の整備された遊歩道エスプラナーデEsplanadeをブラブラ歩いて、オルト城に向かいます。ちょっと歩いたところで振り返ってみます。エスプラナーデは綺麗な並木道ですが、並行して湖岸沿いの石畳の道も続いています。saraiは湖岸の道を歩きます。


hJ0yTEw1hl5d12.jpg



やがて、湖岸の道は湖を眺めるベンチが並ぶ道に変わります。遊歩道からはだんだん近づくオルト城がずっと見えています。目的地が見えているのは安心だし、眺めも素晴らしいので満足です。


IyblHm7TI973f7.jpg



遊歩道エスプラナーデはまっすぐに続いています。


Xi3iWmZ6Y660fc.jpg



ひたすらオルト城を目指して、荷物をがらがら引っ張りながら歩きます。

ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2014020302.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR