FC2ブログ
 
  

ザルツカンマーグートへ小旅行:また、レトロなトラムに乗車。グムンデンの鉄道駅へ。

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/6回目

グムンデンGmundenの湖上の城、オルト城Seeschloss Orthの訪問を終え、湖岸に続く遊歩道エスプラナーデEsplanadeに戻ってきました。ここからのオルト城の眺めは格別です。


f_lJ1aynVKdd95.jpg



エスプラナーデの並木道をグムンデン市電ATO Gmundenのフランツ・ヨーゼフ・プラッツ駅Franz-Josef-Platzに向かって急ぎます。時計を見ながらの急ぎ足です。


EcCJiAujiSd421.jpg



フランツ・ヨーゼフ・プラッツ前の公園に到着。何とか間に合いました。


axJdNmnuOo826b.jpg



グムンデン駅行のトラムの出発時刻まで後5分程です。待っている人は少ないですね。


ltaTAHbzi88168.jpg



出発時刻まで5分を切ったところでトラムがやってきました。トラムはグムンデン駅とこのフランツ・ヨーゼフ・プラッツ駅の間を折り返し運転しています。


net6NylchG7684.jpg



目の前でトラムが停車。


T5ExihzAqxb363.jpg



トラムに乗り込みます。1日チケットを購入済です。


QvHlvhFnV62c1f.jpg



定刻にトラムは発車。湖岸沿いのハウプト通りHauptstraßeを進みます。


fq9SLJQzhQ7a9b.jpg



湖畔には遊歩道エスプラナーデEsplanadeが続いています。並木の間にオルト城が見え隠れしています。


Bu1ZvbLWbC1174.jpg



トラウン湖Traunseeが見えるのはこの辺りまでです。この先で道は右の方に向きを変え、湖畔から遠ざかっていきます。慌ただしい訪問で、天気も曇りでしたが、トラウン湖の美しさに触れることができました。


92W8_dxj_ba8df.jpg



このトラムの車内もガラガラです。こんなに乗客が少なくても経営は大丈夫なんでしょうか?


FoiK_Ekn79ee44.jpg



トラムは周りの建物の軒先をかすめながら狭い通りを走ります。


reT0zgtKLZa9ee.jpg



狭い通りの片側は車がずらっと隙間なく縦列駐車しています。これはまるでウィーンの街なみですね。


dyKOdYWM0T55ee.jpg



クーファーツァイレKuferzeileの停留所で道なりに右の方に折れて、広い通りアロイス・カルテンブルナー通りAlois-Kaltenbruner-Straßeを走ります。


BKXYh1kCHted23.jpg



坂道をトラムはぐんぐん上っていきます。通りの周りは綺麗な緑の中に住宅が並びます。


Vf_8xwcX8X1be7.jpg



環境に恵まれた住宅地です。


TocP6U2OO46ec5.jpg



綺麗なピンク色の花も咲いています。


4G7dZMYCs044dd.jpg



黄色い壁、三角屋根のてっぺんには風見鶏。美しい家ですね。


gMuBzo61948de3.jpg



テニス広場Tennisplatz停留所を通過。やはり、テニスコートがありました。


w9Vu3pfkzf5263.jpg



坂道をなおも上り、高台の住宅地を過ぎていきます。


0OXAvbfwqXf181.jpg



トラムは出発してから5分程走りました。ちょうど半分程走ったことになります。トラムはグムンデンの鉄道駅に向かって走っていきます。

トラムの走行ルートを地図で確認しておきましょう。


2014020601.jpg




次回を読む:20日目-2:マーラー@アッター湖 (4)

前回を読む:19日目:バート・イシュル (6)




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR