fc2ブログ
 
  

オランダ・ライン川・ウィーンの旅~ラインの滝の驚異に原初的な感動!

ライン川を遡っての旅も遂に、その源流のようなボーデン湖を訪れます。実際にはボーデン湖にライン川の上流が流れ込み、その源はアルプスまで達するようですが、何となく、それは感性に合わないので、sarai的には、ライン川の源流はボーデン湖ということで、旅のしめくくりをしたいと勝手に思っています。
ボーデン湖はドイツ、オーストリア、スイスの国境に位置する湖で、今回はスイスのチューリッヒから、電車に乗って、1時間半ほどでドイツの国境を越えて、コンスタンツの街に到着です。ここから、クルーズ船に乗って、花の島、マイナウ島に向かいます。この数日で一気に春になったので、軽装でも寒くありません。さすがに船のオープンな甲板は航行中は風が吹き抜けるので、次々に乗客が下のデッキの船室に退却しますが、saraiと配偶者は平気で(やせ我慢)、耐え抜きました。湖の向こう端の方には、雄大なアルプスが雪を抱いて、美しい姿を見せています。これもまた、絶景です。


BkD9zrpzuva4c2.jpg



メールブルグを経由して、1時間ほどの船旅でマイナウ島に到着。島はお城を中心に公園のように整備されています。春の花々が綺麗に咲き乱れる中を気持のよい散策です。メーヴェンピックのアイスクリームを売っていたので、買い求めましたが、思わず、スイスフランを出そうとして、間違いに気が付きました。こういう国境近くは通貨がややこしいですね。スイスもユーロに統一してくれれば、観光は楽です。
さて、また、船でコンスタンツに戻ります。コンスタンツの船着き場に近くなると、ライン川の河口が見えてきました。ボーデン湖の豊富な水がここからライン川に流れ込んでいます。sarai的にライン川の始まりです。ロッテルダムの河口から遡って、遂にここまでやってきました。今日は逆にボーデン湖からライン川を下流に進みます。まず、シャフハウゼンに向かいますが、ここで急に心変わりして、シュタイン・アム・ラインの街で途中下車。これが大当たり、ライン川にかかる橋の周りの街の美しいこと、素晴らしいです。街の名前の“ラインの石(宝石)”というのも肯ける美しさです。美しいこの街を見ずして、ライン川は語れません。


f4KUIsNGnnb49e.jpg



コンスタンツからはクロイツリンゲンで乗り換えて、30分ほどでした。なお、この街はライン川のドイツ領側に張り出していますが、れっきとしたスイスの街で、有効な通貨はスイスフランです。
さらにシュタイン・アム・ラインの街から30分ほどでシャフハウゼンです。ここでも急いでライン川を見て、鉄道でラインの滝に向かいます。本当は鉄道で2つ目の駅ですが、慌てて、1つ目の駅で間違えて下車。この駅名にもRheinfallの名前が付いていたからです。しかし、結果的にこれが大正解。ここからライン川沿いの道を徒歩で歩きましたが、その散策路の美しいこと、とっても気持ちのよい散策になりました。


lWI2FipghM2ada.jpg



30分近く歩くと、ラインの滝に到着です。いったん、滝の手前にかかる橋を渡って、丘の上のラオフェン城に上ります。そこから石段を下りながら、ラインの滝に近づきます。落差はそれほどでもありませんが、巨大な水の奔流が目の前を通り過ぎ、その自然の驚異に魂が震撼します。川辺に滝見台のようなものが張り出していて、そこから、まともに自分にめがけて、ラインの豊富な水が迫ってくる様は思わず、自然の迫力にひれ伏しそうになりますが、それではいかんと虚勢を張り、この圧力に立ち向かおうと両手を挙げて、雄叫びを上げます。


RzDFYJXalZ8584.jpg



自然と人間、人類の創生以来、自然との闘いに挑んできた闘争心がsaraiの原初的な本能を目覚めさせ、新たな自分を発見しました。
配偶者も興奮し、このラインの滝こそ、ラインの源流に相応しいと無茶なことを言いだしました。それもいいでしょう。saraiと配偶者のライン川の旅は、このラインの滝で終焉を迎えます。ライン川旅をしめくくるのに最高の場所に到達しました。

明日はヴィンタートゥールの美術館を訪れ、再度、バーゼルのライン川を見て、ライン川の見納めです。また、ライン川の渡しに乗ってみましょうか。バーゼルでは、もちろん、sarai最愛の絵画、オスカー・ココシュカの最高傑作《風の花嫁》と対峙します。夜はバーゼル歌劇場でモーツァルトのオペラを見て、スイスの旅も完了です。その後はいつものオーストリア編です。友人達との再会も嬉しい旅になりそうです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR