fc2ブログ
 
  

ザルツカンマーグートへ小旅行:冷や汗をかきながら、グムンデン駅を出発するも、またしてもミス連発! たちこめる暗雲。

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/7回目

グムンデンの街から鉄道駅にトラムで移動しています。ローゼンクランツRosenkranzの停留所に到着。あと停留所3つで鉄道駅です。


008rN8zNJR18ea.jpg



5分ほど走って、トラムはグムンデン駅に到着。
トラムの走行ルートを地図で確認しておきましょう。


2014020701.jpg



駅には鉄道の客車を改造したレストランもありますが、乗り換え前にランチを食べる時間はなさそうです。


rVAmASSgK310d4.jpg



このグムンデン駅からアットナンク-プフハイム駅Attnang-Puchheimに向かいます。この線は単線で、グムンデン駅は上下線がすれ違う駅です。が、小さな駅で、ホーム間の移動は線路を横切って行きます。
むっ?上下両方の電車が入ってしまったら、向こう側の電車に乗るにはどうして移動するのかしら・・・と思っているうちに、電車が入ってきました。


xJ2lRk3v8Rf0a1.jpg



その電車に乗る人はぞろぞろ線路を横切って渡って乗車していきます。


CmBLpnGCSbedd9.jpg



もう一方の電車も少し遅れてやってきました。到着しそうになった頃には、その電車に乗る人がやや前方に移動し始めました。そうですよね、ずれて停まれば問題ないですね。saraiは、これから到着する電車に乗る人に付いて行こうとします。すると、配偶者に「確か、私達が乗る電車が先に到着すると言っていたような気がするけど?」と注意されます。saraiは「そうだっけ・・・」と混乱してしまい、近くにいた駅員に確認します。と、配偶者の指摘が大正解! saraiの方向感覚が逆になって、反対方向の電車に乗ってしまうところでした。危ない、危ない・・・。無事にアットナンク-プフハイム駅方面行の電車に乗れました。車窓からは間違って乗ってしまうところだった逆向きの電車が見えています。冷や汗と、そして配偶者にばつが悪い!


YIvQCkcoKy5527.jpg



無事に正しい電車がアットナンク-プフハイムに向けて出発です。車窓には緑の野原が広がります。


bv25P96fKCc047.jpg



10分程で次の駅アウラッハキルヒェンAurachkirchenに到着。


GmhQrtvx_L7e59.jpg



アウラッハキルヒェンを出発して10分ほどでアットナンク-プフハイム駅Attnang-Puchheimに到着。この駅で乗り換えです。が、この駅は大工事中で、構内が分かりづらいんです。臨時の通路でウロウロしていると、親切なおじさんがどこに行きたいのかと聞いてきて、6番ホームへの階段まで案内してくれました。感謝! 


hN6UlErvVc3c74.jpg



このホームへの階段も臨時に作られたもののようです。ホームに出て、茫然です。長さ30m程のコンクリートを盛り上げただけのホームとも言えないような代物です。sarai曰く、今度乗る線はしょぼいローカル線だからこんなもんだよ。ま、これも楽しい経験です。


Fei1qkDd1e664c.jpg



向かいの5番・4番ホームは立派なホームですね。


BuLspM9h9S7675.jpg



配偶者に荷物の番をしてもらい、saraiが昼食の買い出しに出かけることにします。防空壕の入り口のようなところから地下道に入ります。


9vOmKQNwAra251.jpg



地下道の端まで行くと、ドクトル・カール・レンナー広場Dr.Karl Renner Plazへの出口に出ました。


Iuqyvigzvbd4e6.jpg



駅の構内には一切、食べ物を販売する店舗はありません。仕方がないので、駅前の広場に出て、お店を探します。テイクアウェイのお店があります。選択の余地はありません。


VoPhvtHu4cc1c8.jpg



ケバブしかなかったので、適当なメニューを選んでパッケージに包んでもらいました。ホームに戻ると、ホームには乗客が1人だけ増えています。


zZW6QFKSxLb4c8.jpg



と、すぐにたった1両の本当にしょぼい電車が入ってきます。


5SQq7p6ovMdf18.jpg



このホームにふさわしいオンボロ電車です。


mfuoHH0V9J914a.jpg



数人の乗客が降りたので、乗り込みます。車内には鉄道チケットの自動販売機が設置されています。普通は駅に設置されている自動販売機です。


QZZC56ia1422cb.jpg



まずは荷物を片付けます。窓際のスペースに置きます。


svUx4qVlTK54e7.jpg



ふと車内を見渡して、アレ、誰もいない・・・と思ったとたん電車が動きだしました。2人でビックリして顔を見合わせます。だって、まだまだ発車時間ではないのです。あまりにも予想ピッタリの電車がやってきたので、嬉しくなって乗ってしまいましたが、違う電車だったようです。確かめようにも、しょぼいホームには電光掲示板などなく、何の電車が到着したのかなんて分からないんですものね。そういえば、同じホームで電車を待っていたおじさんはホームの端(電車が停まらないところ)に立っていて、電車に乗ろうとしていませんでした。これは本当に焦ります。誰も乗っていないし、車庫入りの電車かもしれません。行き先が違っていたら、リカバリーが難しいです。不安な気持ちで、じっと我慢して様子を見ていると、次の駅に到着しました。saraiが駅名を確認して、ホッとしました。フェックラブルック駅Vöcklabruckです。幸いにも、一駅先に進んだだけでした。急いで降りて、乗るべく正しい電車が来るのを待ちます。次に来た電車は予定とは違う電車なので、これはパス。


TPsTSFNYGdce49.jpg



ホームには電車がいなくなりました。ひたすら正しい電車の到着を待ちます。


49jcXNLYQE1df5.jpg



今日は電車でのトラブル続きというか、saraiのミスが目立ちます。もうこれ以上ミスはできません。気を引き締めながら電車を待ちます。次の電車に乗ればアッター湖畔のカンマーまではすぐです。

グムンデン駅からの移動ルートを地図で確認しておきましょう。


2014020702.jpg





↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR