fc2ブログ
 
  

ザルツカンマーグートへ小旅行:美しきクリムトの道を往く

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/12回目

《クリムトの道Klimt Themenweg》を歩き始め、アッター湖畔を散策します。湖岸の先にはカンマ―城Schloss Kammerの姿が美しく見えています。


HxVniqvG3N0f56.jpg



この辺りはアッター湖Atterseeの北東端になります。ここから眺める湖面は素晴らしく綺麗なのですが、何よりもクリムトの風景画の景色そのものに感じます。


lzMjdcPBSIfa0e.jpg



クリムトは50枚ほどの風景画(カンバスが真四角なことが特徴ですね)を描いていますが、ほとんどはこのアッター湖で描きました。彼は湖面にボートを浮かべ、そこからの景色を好んで描いています。したがって、絵にはアッター湖の水面がよく登場します。実際のアッター湖の湖面を見て、まさにクリムトの絵の世界そのものだと感じました。緑色がかった湖面、少し水蒸気が上がり靄った湖面、軽いさざ波の立った湖面、すべてにクリムトの筆の跡を感じます。それらを楽しむべく、《クリムトの道》をゆっくり歩きます。


3GLyjAuR44a19f.jpg



カンマ―城もクリムトの風景画の世界の一つです。


gcMR1tqvk_9ddc.jpg



湖面の美しさにカンマ―城の姿がアクセントになり、ロマンティックな風景を醸し出しています。


pmJyvGsQkOeca5.jpg



雲の下のアッター湖は幽玄な光の世界です。芸術家の心をインスパイアするに十分な力を持っていると感じます。


Lg0CJp0PVd4aa1.jpg



アッター湖の北東端は狭い水路のようになっていて、対岸の小さな街もすぐ近くに見えます。


3ZXRChErbPe579.jpg



遠くの方の湖面を見ると、まるでクリムトの風景画そのものの姿を呈していることに驚きます。


L9IE1g7JwHa9b9.jpg



湖畔沿いの《クリムトの道》はプロムナーデPromenadeとも呼ばれ、道の先には湖を渡る橋が架かっています。橋を渡って、対岸の湖畔に周り込めるようです。


tHyptlVFHcc261.jpg



これが今まで歩いてきた湖岸のプロムナーデです。美しい湖畔です。


HIsndWKw1ae4bb.jpg



湖畔に銅像があります。湖に浮かぶ舟を漕ぐ人の姿でしょうか。


kddhF8IhcQ9e28.jpg



橋の上からの湖面の眺めです。顔を覗かせた太陽が湖面に反射しています。


y3f7MpoLj0ef42.jpg



橋を渡り切り、対岸に出て、その湖畔からの美しい眺めです。


4MSXl4qZcR87d8.jpg



《クリムトの道》はポイント毎に案内板が立っています。案内板には、その辺りから描かれたクリムトの風景画が紹介されています。


RBjZQe3jFc0cf4.jpg



対岸から見たカンマー城です。白鳥の群れがその眺めを飾っていますね。


PJw2SxQJmc9dc7.jpg



白鳥が近くに寄ってきます。何故か白鳥はこのあたりだけに集まっています。


Op2TCS91yA6f8c.jpg



また《クリムトの道》の案内板です。この案内板はデラックス版で、クリムトの風景画がほぼ網羅されて紹介されています。


mwafvJPV0Z0fe7.jpg



全部で46枚の風景画が紹介されています。何枚かをご覧ください。

これは花咲く野原と湖からのカンマー城の眺めです。


qU1CicHhnwe734.jpg



これはいずれもアッター湖の湖面と湖畔の建物です。


D9FPyEDKQ9048a.jpg



これはカンマー城の並木道と野原の中の美しい建物です。


RZBYCRHsmBd87c.jpg



いずれも名作ぞろいです。これらのクリムト作品を脳裏に焼き付けて、さらに《クリムトの道》を進みましょう。

散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2014021301.jpg





↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR